福島県南生協について

基本理念「わたしたちの理念」(1986年制定)

  1. 消費者の権利と、くらしと健康を守る運動を協同してすすめます。
  2. ふれあい、助けあい、そして学びあう班をよりどころに民主的な運営をめざします。
  3. 地域の人々と力をあわせ、ゆたかな生活文化の創造と明るい町づくりにつとめます。
  4. 子どもたちに平和な社会と緑の地球を伝えるために、すすんで多くの人たちとともに行動します。

一人は万人のために 万人は一人のために

福島県南生協のあゆみ

1947年 昭和22年に前身の白河地区生協設立
1966年 「ご用聞き制度」はじまる(後に「家庭係」に変更)
1975年 旧天神町店オープン
1976年 旭町店オープン
1981年 白河センター(家庭係・燃料スタンド)オープン
1985年 福島県南生活協同組合に改称、矢吹センターオープン、虹の森自然公園開園
1986年 「私たちの理念」制定
1990年 旧天神店を閉店し、現在の天神町店を移転オープン
1999年 コープあいづ支援で再建開始
2001年 旭町店閉店
2004年 生協連帯の共同購入システムに変更
2006年 「食品館」の再活性化⇒CO・OPBESTA天神町店(食品館)に改称
2007年 「天洋食品餃子事件」による事業の危機
2009年 コープふくしまによる共同購入支援。コープ保険・共済センターの閉鎖
2011年 東日本大震災・原発事故による被災で共同購入一時停止、4月中旬再開。
「福島県内3生協の連帯強化に関する協定書」締結
2013年 CO・OP東北サンネット事業連合への加入
2014年 本部西郷村から矢吹町に移転